11月11日(日) 午後1:00~4:15



愛知県みよし市・生涯学習推進課さまからのご依頼により
『発達障がいのお片付け講座』の講師をさせていただきました(*^-^*)



会場は、みよし市図書館学習交流プラザ「サンライブ」
みよし市立中央図書館と生涯学習センターが併設された素敵な施設です。



受講生さんは、発達障がいの子を育てるお母さん、相談支援をされている方、自身のお片付けに悩まれている方…様々な想いを抱いて、ご受講くださいました。

今回、発達障がいのお片付け講座ということで
特性に配慮をしてお片付けをしていく方法をお伝えさせていただきました。

お片付けの実技的部分は勿論大切になってくるポイントです。

が、私はそれ以上にお伝えしたいことがあります。

特性に配慮をしてお片付けをするときに、
何が大切なのかに重点を置きしっかりとお伝えさせていただきました。



お片付けを通して成功体験を積める環境作り。
自己肯定感の向上。
強みや出来ることに目を向ける大切さ。



私自身も特性による困難を持っています。
特性による困難を自分の身を持って経験したり、
他者の困難についても間近で見ているからこそわかることや
感じることがあります。
だからこそ、今回ありのままの想いをお伝え出来たのではないかと思います。

最後におこなった、ワークショップでは、
3時間の学びが生かされた素敵な意見がたくさん見られ、
受講生さんのお片付けの意欲を感じることができました。

ぜひご自宅で、ご職場で、地域で生かして頂けたら幸いです。





それから、今回の講座についてですが、キャンセル待ちがあったとお聞きしております。
御該当の皆様、ご希望に添えず、申し訳ございませんでした。
今回は定員の関係でご受講をしていただくことができなかったのですが、
発達障がいのお片付けについて関心を寄せてくださったことを嬉しく思っています。
またの機会に足を運ばせていただけたらと思っていますので、
ご参加をお待ちしております。

最後になりましたが、今回の講座の講師を務めさせていただくにあたり、
ご依頼をしていただきました、みよし市生涯学習推進課さま。
繋いで下さった、Studio HAGA・現相談役の芳賀裕子先生。
NPO法人暮らしデザイン研究所・理事長の森下真紀先生。
ご参加いただいた皆様。
お世話になっているすべての方々に感謝申し上げます。
ありがとうございました。